持ち家を貸し出す

スーツの人

急な転勤などで持ち家をでなければならない場合には、空き家のままで置いておくよりも、リロケーションによって、一定期間だけでも賃貸する方がメリットがあります。特に住宅ローンが残っている場合には賃貸収入を充てることができます。

詳細を確認する

今の時期がチャンスです

集合住宅

金融環境が良好です

投資マンションを買って、資産運用をしようと考えているのであれば、早めに行動に移しましょう。なぜならば、今は投資マンションで資産運用をするにはとても良い時期だからです。その理由は2つあります。1つが金融環境です。現在、投資マンションを買うために組むローンの金利が歴史的に低水準にあります。それだけでなく、審査基準も緩くなっています。以前は、20代や30代のサラリーマンが投資マンションを買うためにローンを組むことはとても難しい状況でした。しかし、今では、年収400万円程度でも難なくローンを組むことができるようになってきました。但し、このような状況がいつまで続くかわからないため、審査基準が緩く、金利が低い今がチャンスなのです。

物価が上がり始めます

2つ目の理由はインフレーションが始まりつつあるということです。投資マンションはインフレーションにとても強い資産です。物価の上昇が始まれば、投資マンションの価格も一緒になって上がっていきます。歴史を振り返れば、インフレーション時には現金を持っている人よりも不動産を持っている人の方が、大きなメリットを受けられています。バブルが弾けてから、デフレーションの時代が長く続きましたが、ようやく、その出口が見えてきています。インフレーションが始まると、物価上昇はじわじわと起こり始めます。そうなる前に投資マンションを手にしておけば、含み益を抱えられる可能性があります。まとまった現金を持っているのであれば、一部を投資マンションに振り分けておくことも賢い投資戦略です。

管理をしやすくする

集合住宅

マンション管理会社の見直しを行う最大の理由は、コストパフォーマンスを上げることです。管理会社にはそれぞれの強みがありますので、系列会社を使うかコストの安い管理会社を選ぶかはオーナーの自由となっています。

詳細を確認する

賃貸経営の手間を削減

メンズ

大家が賃貸住宅を維持管理していくためには、大きな労力がかかる。入居者の管理や建物の維持管理などその業務は多岐に渡る。賃貸管理会社では、入居者の管理から建物の維持管理、入居者募集など多岐に渡り支援してもらう事ができる。

詳細を確認する