持ち家を貸し出す|資産運用に持ってこいの投資マンション|低金利で運用可能

持ち家を貸し出す

スーツの人

転勤時の持ち家の処分

年度末になると急な転勤で引っ越しをする人が急増します。一人暮らしをしている人や単身赴任で引っ越す人はいいですが、持ち家を持っている人が家族全員で引っ越す場合には大変です。戻ってくる可能性がないのであれば、持ち家を売却することになりますので、その処分の対応が大変ですし、戻ってくる可能性があるのであれば、そもそも持ち家をどうするかが問題になります。いっそ処分してしまう方法もありますし、空き家として置いておく方法もあります。また、誰かに賃貸する方法もあります。リロケーションと呼ばれる手法は、このような場合に一定期間第三者に賃貸することを言います。空き家にしておくよりも、リロケーションによって誰かに貸す方がメリットが大きくなります。

賃貸収入を得る

リロケーションの特徴は一定期間の賃貸というところにあります。転勤で引っ越すとは言っても、戻ってきた場合に住むところがないのでは困ります。多くの人は、その場合に備えて空き家で置いています。しかし、空き家にしてしまうと、住宅の老朽化が早まりますし、不審者が集まったり不審火の原因になるなど防犯面でも問題があります。そのため、多少家賃を低く設定してでも期間を限った賃貸を行う方法がリロケーションです。不動産会社などがリロケーションの仲介を行っており、条件にマッチする賃貸人を探してくれます。特に、住宅ローンの支払いが続いている場合には、空き家にしておくよりも、賃貸して収入を得た方が住宅ローンに充てることができるのでお得です。